www.kazuw.com
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< きょうあした・音に乗ってglassは湘南へ | main | カナディアンファーム出店 見送りについて >>
西アメリカ旅日記 〜ポートランド編〜
最後の目的地は、オレゴン州の北に位置する州最大の都市・ポートランド。

オフィス街をぬけたダウンタウンは

日本でもおなじみのアパレルブランドやアウトドアショップなどが立ち並び

タイ・ギリシャ・メキシコ・ヴェトナム・トルコなど各国の料理を食べられる

フードカートと呼ばれる屋台をのせたワゴン車が駐車場にずらりと並ぶ屋台通りなんかもあって

若いパンクスや路上に生活する人たちなど多種多様な人びとが暮らしているようでした。


ポートランドのなかでも

”share it” という名の ”交差点” が素晴らしかったので、最後に紹介させてください。




街中心部から車で30分くらい走った小さな街の

アンティークショップやyogaスタジオやレストランが立ち並ぶ閑静な住宅街。


ここに「交差点を単なる通過する場所から交流の場へ変えたい」と

住民たち自ら交差点をDIYし、

この街に住むみんなで情報や技術を共有するコミュニティへと変えた場所がありました。





はじめ

「コミュニティ意識を高める為にも道路に曼荼羅を描かせてください」と

住民たちが役所に出向いたものの

「道路に落書きはいけません」と、もちろん答えはNOでした。


そこで住民たちは

自分たちこそが公共だという考えを変える事なく

近所に暮らす9割以上の住民が 交差点に曼荼羅を描くことに賛成していることを

自分たちで確認してから

ゲリラ的に交差点を改造しはじめたのが始まりだそうです。


「どなたでもお茶してください」と描かれたティースタンドや

原始時代から存在する建築技術でつくられた

土の塊などでできているコブとよばれるベンチや、

使わなくなったオモチャが寄贈されたキッズクラブハウスでは

このときも実際に住民の子供達同士が遊んでいて

それを何組かの親が見守るようにお茶しながらゆったり過ごしていました。


さらに、スキルマップという

地域に暮らす住民がどんな技術を持っているかを示した地図があり

大工仕事ができるひと・ベビーシッターができるひと・料理が得意なひと・・・

物以外に技術も交換し合って助け合っていこうとするアイデアです。





自分たちの信じる 本当の意味での暮らしやすい街を

近所の人たちとよく話し合って、自分たちで作っていくことや

小さなコミュニティでもお互い助け合って暮らしていくことが

これからの私たちの暮らす国でも向かうべき姿なのでは、と

この ”交差点” で大きなヒントと安心に触れられた気がしました。




長い旅日記にお付き合いくださり ありがとうございました。


そしてBishop, Bob Snodgrass いい時間をシェアしてくれてありがとう !!!!!!!



COMMENT









Trackback URL
http://cozcomuwka.kazuw.com/trackback/80
TRACKBACK